「あなたの成長が未来をつくる」
これがクラスアクトの責任と願いです。

クラスアクトではキャリア支援に力をいれており、キャリアアップするための条件や基準を明確にすることで、社員の漠然とした成長不安を解消し、課題の洗い出しと成長意識の促進を行っております。
あなたのエンジニアとしての将来像をリアルにイメージしていただくとともに、未来に向けた大きな一歩を踏み出してほしい…そんな想いからキャリアパス制度を取り入れています。

<対談メンバー>

三宅 秀治

三宅 秀治(みやけ しゅうじ)

クラスアクト取締役。 大学卒業後、小規模ソフトハウスにてIT業界の扉をたたく。 その後1年間のフリーランスを経て、クラスアクトの創設に携わり、現在に至る。 いまだエンジニアとして現場を駆け回っており、 どのように会社の運営と両立させるかが当面の課題。

 
川㠀 大亮

川㠀 大亮(かわしま だいすけ)

クラスアクト インフラストラクチャ事業部、入社3年目。 早稲田大学文化構想学部中途退学後、小売業の販売員を経て、現在に至る。 担当業務はクラウドサービスの設計構築。主に新規サービスで導入される機器の検証をしている。 興味のある分野、技術はネットワーク設計。スキルアップのため資格取得に向け学習している。

 
福澤 和行

福澤 和行(ふくざわ かずゆき)

クラスアクト インフラストラクチャ事業部、入社1年目。 高校卒業後、スーパーの店員を経て2019年にクラスアクトに入社。 現在は社内にて研修中で、サーバおよびネットワーク基礎、Office、情報セキュリティについて学んでいる。 興味のある分野はサーバ系。現在はLPIC取得に向け、実機を用いながら理解を深めている。

 

インタビュアー:
本日はお集まりいただきありがとうございます。
クラスアクトのキャリアパス制度・人事考課制度について、みなさまにお話を伺いたくお時間を頂きました。どうぞよろしくお願いいたします。

(一同:よろしくお願いします。)

はじめに、キャリアパス制度についてです。クラスアクトでは、キャリアパスイメージとステップアップ表を社内サイトに掲載しており、社員がいつでも閲覧できるようにしています。公開されている資料を見て、率直にどのような感想をもちましたか?

福澤 和行

私は現在、研修中の身なのですが、どう努力すればお給料に反映されていくかが分かる点がありがたかったです。努力の方向が明確になっているので、取り組みやすく、わかりやすい。
頑張りが報われない、どう評価されているのかが不明瞭な状態だとモチベーションが下がってしまう可能性があると思います。
クラスアクトのキャリアパス制度のいいところは、資格では報奨金が○○万円、人事考課では何点ポイントが付きますよ、というのがあらかじめ明確になっているところ。「じゃあ、取ろう!」と、自然な流れでそうなります。率直に、成長意欲につながっていると思います。

インタビュアー:
福澤さんは、選考を受ける前に会社説明会へご参加いただいています。説明会の際にも、このキャリアパスに関するような話はあったのでしょうか?

福澤 和行

はい、私が初めて知ったのは説明会の場でした。選考を受ける前でしたがステップアップの図や、給与体系の表まで見せていただいて。そこでは「すごくオープンな会社だな…」と感じました。担当してくれた方が、「なんでも聞いてください、聞きにくいことも、なんでも全ての質問に応えますからね」と気さくに話してくださり、普通だと答えにくいような内容も包み隠さずお話してくれたのが、他社にはなくとても印象的でした。

成長のステップが”見える化”されていることで自己成長威力が湧きます。( 談:福澤 )

インタビュアー:
人事考課制度について、川島さんは、入社してからすでに数回の人事考課面談を終えていますね。実際にやってみて、どのように感じましたか?

川㠀 大亮

自己評価で判断できるところがとてもよいと感じました。人事考課では、すべての技術に対してS~Dの5段階を使用し、自己評価、1次評価、二次評価、の流れで決定します。
自己評価に対して上司からの一次評価でフィードバックがもらえ、二次評価にて最終決定となる。フィードバック結果についても本人と対面の上、すべてオープンに面談で行われるため、安心感がありました。

自分の現在の立ち位置が分かりやすく、求められている技術を明確にできる。次の段階に進んでいくには何をしたら良いかが判断できる、そういった部分がクリアになったので、よかったと思います。

三宅 秀治

技術考課の項目がこの形になった理由は、私や本間(社長)が技術者(エンジニア)だったからだと思います。しっかりとエンジニア目線で技術考課が出来ていきました。
エンジニアのスキルを5段階評価ですべてを適正に測るのは正直難しい。それを解っていながら、一つの指標として機能するように推進しています。もちろん技術だけでなく、その人の人間性や個性なども考慮し、一定の指標で目指す方向を定め、エンジニアが成長するための道筋を分かりやすく提示してあげたいと考えています。

川島さんは、割と早い段階で緑の一般職(中級)に進まれましたが、現在はどれぐらいの領域に達していると判断していますか?

川㠀 大亮

技術的なことでいえば上級領域のステップが見えてきていますが、上級者が要求される内容には、後輩を指導するとか、自分より経験のないエンジニアに技術を教えるといった面も求められていると思うので、その面で、まだ達していないかなと思います。

三宅 秀治

各項目ごとに、取り組む必要がある事を提示し、タスクを理解してもらうことで、人事考課を推進していくと、キャリアパスをスムーズにトレースできるよう設計しています。しかし、現在のカタチが完成形ということではないので、どんどんブラッシュアップのアイディアを意見してもらいたいと考えています。

自分の現在の立ち位置が分かりやすく、求められている技術を明確にできる。 ( 談:川㠀 )

インタビュアー:
前職ではこのようなキャリアパス制度はありましたか?

福澤 和行

前職には「何年後かにはこういうステップを踏みますよ」という指標はありましたが、例えば「研修中にここまで、1年目はここまで進められるといいですね」などの詳細まではありませんでした。

三宅 秀治

他社にも等級というものはあると思います。上司からの評価、後輩からの評価を合わせた「360度評価」とか。しかし、評価の視点によっては、技術面を評価できていない結果に終わることも多いと感じることもあります。
エンジニアの『技術』を、できる限り適性に評価したい。クラスアクトは、技術力をコアコンピタンスとして成長してきた企業なので、社員全員に多くの技術に触れて欲しいという願いから、技術の配点を高くする傾向にしています。

川㠀 大亮

「一般考課」と「技術考課」の2つ評価項目があり、年次が低いほど「一般考課」の方が相対的に配点が大きい。1年目や2年目のうちは、「一般考課」に集中し、「技術考課」は自分のできる範囲で高めていきたいと考えています。

三宅 秀治

エンジニア未経験の新入社員が「全然わかりません…」で、評価が最低ランクではモチベーションもあがりません。真面目に取り組んでいる人を評価したいという思いから、初級・中級・上級で配点比率を変えています。また、未経験者を立派なエンジニアに育てることが私たちの使命でもありますから、単位技術だけの評価とならないように考えています。
上級であれば真面目にできるのは当たり前、そのうえで技術力のレベルを正しく図る。ということです。

未経験者を立派なエンジニアに育てることが私たちの使命 だからこそ、人事考課を制度としてしっかりと定着させようと努力しました。 ( 談:三宅)

インタビュアー:
入社当初から現在までで、具体的に目指すレベルのイメージはありましたか?

川㠀 大亮

管理職になり、自分の現場を持ちたいという思いが強くなりました。
技術力をつけて、担当現場を自分の力で回していきたいです。入社してから実際に業務をしてみて、ひとりの力ではできることに限界があることがわかりました。チームを組んで、部下や後輩の力をかりて全員で一つのプロジェクトを回していきたい、そういう想いが強くなりました。

福澤 和行

はじめは一般職(初級~中級)の部分しか意識していなかったのですが、
先輩エンジニアが、「4年でワーカ7まで達成」という最速記録を聞いて、自分もチャレンジしたいと思いました。
前例があるなら、努力次第でいけるのではないかと思いますし、また、それを越えたい気持ちもあり、やる気が上がっています。

川㠀 大亮

各等級ごとに、昇格の際に資格要件がありますね、こちらはどういった意図で設定されたのですか?

三宅 秀治

これは「プロとしてのエンジニア」を育成したいという想いから設定しました。資格は、形で残せる一つの手段です。エンジニアというマーケットにおいて、数値化することがなかなか難しく、なにをもって「プロ」なのか難しい。だからこそ、資格取得を促進するために資格要件を設定しました。

資格取得は、誰もが目に見えるモノの指標としてはドライではあるが、達成感に繋がると思います。普段一緒に仕事してないメンバーを評価していく基準にもなります。

インタビュアー:
福澤さんはまだ研修中ということですが、先ほどの先輩エンジニアの川島さんの話をきいて、ご自身でも目標がみえたりしましたか?

福澤 和行

「人に教える」ことをやってみたいです。いま社内研修中で、たくさんのことを教えていただいている身なので思うことかもしれないですが、教えてもらいっぱなしではなく、会社に恩返ししたい、後輩に伝えていきたい、という気持ちがあります。

三宅 秀治

新入社員に「この先10年間の自身の目標を決めてください」というのは酷だと思うので、キャリアパス制度を利用して、10年後をぼんやりと考えながら、1年後、2年後、と細かく目標を達成していってもらえたら嬉しいです。
クラスアクトは、社員がエンジニアとして成長していく背中をしっかりと支えてあげたいのです。


社内見学会開催中

wantedly

Re就活