インフラストラクチャ事業部_木全和司

木全 和司 Kazushi Kimata

インフラストラクチャ事業部 2021年4月入社
LinuC Level1,CCNA

愛知県出身。大学を卒業後、都内の営業を経てクラスアクトへ入社。
現在は、通信事業社システムの運用監視、保守の案件に従事。

 Q:クラスアクト入社前はどのようなことをされていましたか?

都内で個人宅の訪問営業の仕事を2年半ほど行っていました。
その時は売上・数字のために外回り中はどれだけ暑い日だろうが雨が降っていようがひたすら走り続けていました。 異動で山梨の支店に半年所属していた時がありますが、真冬の時期、雪が降り気温がマイナスになるまで下がっていた中、外回りをしていたら耳が凍ってしまったのは今となってはいい思い出です!笑
それらの経験を通じ、誰にも負けない粘り強さを身につけ、1つの事を愚直に取り組むことが出来るようになったと思います。

Q:現在の業務内容を教えてください。また業務のやりがいや大変だと思ったことを教えてください。

現在はお客様のシステムの運用監視・保守業務を行っております。
お客様が業務において使用しているシステム等に障害が発生していないか、問題なく運転しているかを24時間365日見守っています。 他にもお客様のシステムの定期的なバージョンアップや依頼があった際のシステムの設定変更なども行い、お客様がシステムを安全に使用出来るように環境を整備する役割も担っています。

大変だと感じたのは、やはり運用監視業務なので普通なら人が眠っている夜間帯にも業務を行う必要があり、その中でも生活習慣を維持していくことだと思います。
また、未経験で入社したということもあって現場で扱われているシステムや用語など調べないと分からないようなことも最初は多かったので、一つひとつ地道に覚えていきながら目の前の作業に取りかかることにも苦労しました。
しかし、お客様からご依頼頂いた対応を行い、お客様より感謝のお言葉を頂けた時はとてもやりがいを感じますね。

「様々なサーバを扱う現場で働いています」と語る木全さん

Q:クラスアクトに入社を決めた理由を教えてください

「技術力」「顧客目線」というところを何より大切にしている会社だと感じたのが決め手となりました。 もともと自分が営業からエンジニアにキャリアチェンジをしようと思ったのは、前職の職場が残業が当たり前の環境であったことが挙げられます。私のような環境で働く人たちの負担を減らす。その環境を実現するためにはIT技術が必要だと思ったからです。

他の企業からも内定は頂いてました。しかし、その中でもクラスアクトはホームページに記載のある実績から案件の豊富さを感じ、魅力に思いました。 また、クラスアクトの10の行動指針の中に「プロフェッショナルは顧客の真の要求に応える」という部分にも共感したことが大きかったです。 前職での営業でもお客様にとって良いご提案ができるように、扱っている商材に関しては細かいところまで把握して、質問には正確にお答え出来るようにしていました。 【誰かの力になりたいという思いを業務で実現していくには、誰よりもその技術に対して詳しくあるべき】と自分は考えていますが、その自分の考え方とクラスアクトの考え方がかなり近いと感じ、入社を決めました。

Q:クラスアクトの社風を教えてください

どこよりも強く「社員思い」の会社だと思います! 資格取得を推奨するために書籍の貸し出しや勉強会が定期的に開催されるといった、社員のエンジニアとしての成長のための機会がとても多いように思います。 技術面のみならず、夜間作業のあるような現場で勤務している社員の健康を考慮して、オンラインヨガや産業医との面談する機会が提供されている点からも、 社員一人一人を大事にしている印象があります。 周りから言われなくても自分から資格学習を行い、次々と資格を取得するような積極的で向上心の高い同僚が多いですが、それはこのような社風から来ているかもしれないです。 僕も日頃から向上心は高くという気持ちで過ごしていますが、周りの行動を見ていたら自然と自分も頑張ろうって思えてしまうような環境だと思っています。

Q:クラスアクトでスキルアップをするためには何が必要だと思いますか?

何より大事なのは「積極性」だと思います。 何事も誰かからの指示を待つような受身な姿勢で臨むのではなく、興味がありそうな技術や資格について自分で調べて勉強してみるというような行動を少しずつでも続けていくこと。 これこそがエンジニアとしての成長につながるのだと思います。 継続することはなかなか難しいことだとは思いますが、クラスアクトには積極的に挑戦していこうという姿勢の人を手助けしてくれるような制度が多く存在します。 クラスアクトの行動指針の一つに「未来は自分の選択次第」とありますが、自分の行動や考え方でスキルアップの仕方は大きく変わってくると思います。

 Q:現在興味のあるIT技術は何ですか?その技術の面白みを教えてください。

個人的にはAWSに興味を持っています。 クラスアクトに入社する前、プログラミングスクールに通っていました。 その際に自分が作成した架空のホームページ等の作品を本番環境にデプロイする作業があったのですが、AWSの自動デプロイという機能の便利さに魅力を感じて、もっとこの技術について知りたいという気持ちになりました。 よく「プログラミングスクールに通っていたのに、どうしてインフラ部門に特化したクラスアクトに入社したの?」という質問をされますが、このようなインフラ技術に魅力を感じた経験から入社しています! まだまだ知らないことが多いので現在も勉強中ですが、いずれはAWSの案件に関わってみたいと思っています。

Q:休日はどのように過ごされていますか?

少しでも早く理想のエンジニア像に近づけるように休みの日もちょっとは勉強するようにしています。 勉強は自分にとって、もはや生活の一部になりつつありますね!笑
ただ、勉強ばかりだけでなく、夜間作業も行っているので健康維持のために元から趣味としてやっている筋トレやゲーム、近所を散歩したりしてリフレッシュする時間も作っています。

Q:将来どのようなエンジニアになりたいと思っていますか?

お客様より心から「ありがとう」と誰よりも言って頂けるようなエンジニアになりたいと思っています。 そもそもエンジニアになろうと決心したのは、ITの技術で誰かの力になりたいという気持ちがあったからです。 また、前職で営業に取り組んでいた際にも、営業のノルマを達成した時や成績が評価されて昇格した時よりも、提案をしたお客様やフォローした同僚から「ありがとう」と言われた時の方が個人的には嬉しさややりがいを感じていました。 エンジニアとして活躍して利益をもたらすことはもちろん大事だと思います。しかし、そのような経験から、それ以上にお客様の目線になって最大の価値を提供していけるようなエンジニアを目指しています。

Q: IT業界を目指している人にアドバイスをお願いします!

エンジニアという職業に興味を持った時、 「全く経験ないし」「文系出身だし」といった思いからなかなか一歩踏み出せないという方も多いのではないでしょうか? 僕が思うにそういった思いの大半は勘違いです! 僕自身もエンジニアとしての業務経験はまったくなく、なおかつ文系出身で文理選択の際に数学と理科をやりたくないからという理由で文系を選んだような人間でした。そんな僕でも今エンジニアとして働いていれるので、人生行動を起こしてみないとわからないと思うことが多いと思います。少なくともクラスアクトは僕のようなIT未経験の文系出身でもエンジニアへと成長出来る環境と同じ志を持った仲間がいます!先入観を捨てて、少しでも前に踏み出してみるだけでまた違った世界が見えてくると思いますよ!

カテゴリー

アーカイブ