インフラストラクチャ事業部_阿部 有香里

阿部さんトップ

阿部 有香里 Abe Yukari

インフラストラクチャ事業部 2019年4月入社
ITILファンデーション

東京都出身。大学卒業後、空港スタッフとして働く。
その後、派遣社員として不動産業界やIT業界で事務職を経験後、エンジニアとしてクラスアクト入社。
現在は、某通信会社にて設計・構築を担当。

Q:クラスアクト入社前は何をされていましたか?
また、その経験が今に活きていると感じることはありますか?

新卒で空港関係の仕事に就き1年未満で退職。その後は、5年ほど派遣社員として働き、そのほとんどをIT業界の事務職として働いておりました。特に、空港での接客対応業務がコミュニケーションという点で今でも活きていると感じます。手荷物や身の回りの検査業務で、日本の方に限らず海外の方も対応していました。毎日不特定多数のお客様対応をした経験が、出向先で初対面の方でも気軽に話せることに活かされています。

Q: クラスアクトに入社した経緯を教えてください。

エージェントの紹介でクラスアクトを知りました。
他にも内定を頂いていたのですが、クラスアクトの「ITインフラ設計・構築の上流工程案件の経験と実績が豊富」という点に魅力を感じ入社を決めまた。将来的なステップアップも提示されているので、エンジニア未経験の私にとっては、まず何を始めればよいのか、次の目指すべきレベルや目標が明確な点も魅力に感じました。

阿部さん1
エンジニア未経験から入社しました。

Q: クラスアクト社員との間で何か印象に残っていることはありますか?

本間社長と同期の少人数で居酒屋に行ったことです(笑)
同期の営業部の計らいで実現しました。社長から直接会社のビジョンやどういう風に会社を大きくしていくのかを聞く有意義な時間になりましたし、現場の状況について直々にアドバイスを頂きました。

これが実現したきっかけは、同期とご飯を食べていた時のことです。雑談含め各現場の話など近況報告をしておりました。本社勤務の営業部から出向中はほとんど帰らない本社の様子を聞く中で、そういえば社長とちゃんと話したことが無い事を伝えたところ、彼女が社長に取り次いで、社長と同期の少人数での食事が実現しました。社員数も増え会社が大きくなっていく中でこの時間は貴重な時間になりましたし、風通しの良い会社だと感じました。

Q:「苦手なものでもやっていくうちに好きになる」と言うことをモットーとしているようですが、
苦手な事をやり続けるために意識していることはありますか?

出来るようになった時のことを考えます。未経験だとすべてが苦手なものに感じます。初めての現場は、まるで異国に来たような感覚でした。日本語のはずなのに、専門用語が飛び交い、さらにその専門用語を略した言葉も使うので、業務をしようにも理解出来ず全てが苦手に感じます。さらに、その現場には中国や韓国、アメリカの方もいらっしゃったので、時折各言語を耳にすると、より一層異国さを感じることになりました。

ただ『これが理解出来たらスムーズに作業が進むはず。』と頭の片隅に置きながら、現場で使われている専門用語を少しずつ調べました。そうしていると、なんとなくですが話している内容が理解出来るようになり、少しずつ楽しさを感じるようになりました。この経験からも言えるように、出来るようになった先のことをイメージすると苦手なことでも続けられるのかなと感じます。

Q:現在はどのような仕事をされていますか?またどんな時にやりがいを感じますか?

阿部さん2
知らない技術も多いですが、勉強しながら作業を進めています。

某通信会社にて、モダナイゼーション関連の基本設計書、検証手順書作成に携わっております。ありがたいことに同じプロジェクトにクラスアクトの先輩社員がいらっしゃるので、色々聞きながら作業を進めております。やりがいを感じることは、残念ながらまだ多くありませんが、このプロジェクトのブレストMTGから関わらせて頂いているので、今後進める詳細設計作成、試験等が楽しみです。

Q:クラスアクトの魅力と課題について教えてください。

魅力は、自社の先輩社員との交流が多いことですね。
出向すると自社社員と交流する機会が少なくなるイメージでしたが、ゲーム会やBBQ、オンラインヨガなど社内イベントもありますし、社員一人一人にリーダーが付くので、現場の状況や悩み事を話す環境は整っていると思います。

各種社内の制度については、社長をはじめ、幹部の方々が話し合って決めて頂いていますが、一般社員からも積極的に意見を募っています。会社全体でクラスアクトをより良くしようという姿勢があるので、良い意味での課題として、クラスアクトは発展途上なのかなと感じます。

Q:エンジニアにはどのような能力が必要だと思いますか?

エンジニア歴が浅い私が思う事は、自己学習力と変化に対応出来る能力だと思います。
基本的なITの知識はもちろん、プロジェクトによってはNW・サーバー・クラウド・プログラミング等の知識が必要になってきます。分からないから投げ出すのではなくて、自ら調べたり、先輩に聞いたりするという学ぶ姿勢は大事だと思います。さらに、この業界は技術の進歩が速いので、その変化に対応出来る能力も必要なのかなと感じます。私は、最新のIT業界の流れを気にしつつ、まずは基礎知識や経験を積むことに集中しています。

Q:IT業界に興味を持っている方に対して、メッセージをお願いします。

是非クラスアクトで挑戦してみませんか。IT系の会社は世の中にたくさんありますが、どこに行ってもどう働くかは自分次第だと思います。業界には興味あるけど具体的に何がやりたいのか分からないのであれば、まずは一歩踏み出して、プロジェクトに関わっている中で自分の方向性を決めればいいと思います。また、クラスアクトの場合は、私のような未経験から入社したエンジニアが多いこと、未経験スタートで現在プロジェクトリーダとしてバリバリ働いている先輩社員が多くいらっしゃいます。もちろん努力は必要ですが、ビジネスモデルがあるので上を目指しやすい環境が整っています。IT業界に興味があって、数ある企業の中からクラスアクトを選んで頂けたら嬉しいです。

阿部さんアイキャッチとラスト

カテゴリー

アーカイブ